FX取引で利益の出し方

 FXで投資を行うために取引業者を選定し、資金を預けたり利益を払い出すための取引口座を作り終え、そこに投資資金を入金すれば、いよいよ取引きを始めるだけという段階になります。
初めての投資取引であればなおのこと、利益を出すということよりも、損失を回避したいと思う気持ちが強くなるのが人間というものです。

実際の取引きを行う前には、まずは気持ちを落ち着けて、自分の投資の形をイメージするのが良いでしょう。
為替相場がいくらの状態になった時点で新規の注文を行い、利益がどのぐらいまで膨らんだら、また、どのぐらいまでの損失になってしまったら決済の注文を入れるのかを、あらかじめ決めておくのです。
もし余裕があるのであれば、それをメモ書きなどにして手元にしておくのも良いでしょう。

こうした指針のない、勘と雰囲気に頼った取引きを行なっている場合には、これまでの投資が成功していたとしても、今後の取引きを行う際には注意が必要です。
人間の勘や心理動ほどあてにならないものはなく、極めて不安定な為替相場のレート変動を利用して利益を求めていこうとするFX取引では、こうしたことは命取りになるのです。

例えば保持している通貨に利益が含まれた場合には、投資家はそれに対してどう考えるでしょうか。
利益が上がってるのだから、できる限り大きくなるまで決済を待つという人もいるでしょうし、小さくても利益が出たからすぐにこれを決済してしまおうという人もいると思います。
利益を得るという単純なことだけでも、様々な判断があり、これらは状況や心理状態によっても簡単に変わってしまうのです。

こうしたことでは、不安定な値動きを繰り返すFX取引では利益を得ることはできません。
この投資取引で必要なものは、直感や雰囲気を読む力ではなく、何度も取引きを繰り返して得られる経験則と、実数値を伴った明確な判断基準だけであり、それを証明するように、多くの熟練の投資家たちは、為替相場の数値や動きを測定してデータを導き出すチャート図などのテクニカル分析という相場の予測手法を用いているのです。

また、FXでは利益を出す手法によって投資スタイルも大きく変わります。
通貨の金利差を利益として求めていく取引方法では、為替相場のレート変動の少ない通貨を選んで、月単位、年単位で1回の取引を行い、長い時間でしっかりとした利益を得ていきます。
また為替相場の変動が比較的大きな通貨を選び、為替レートの変動に対して細かな売買注文を繰り返して行って、動きを丁寧に利益に変え短期間で大きな利益を狙っていく取引方法もあります。

どんな投資スタイルを選ぶにせよ、FX取引で利益を出すのであれば、勘や雰囲気に頼った取引きをやめて、常に理詰めで考えておくことが必要なのです。

出どころ: 【バイオプ.net】

他のリンク案内

お気に入り情報
お役立ち

リンクメニュー
トレーリングストップ

ナビゲーション
サイトルール
ウェブマスター